LE CINÉMA -エキセントリックな映画館-

作者サイト「エキセントリック」へ

   AUTHOR
はなぽ
はなぽ
映画大好き。
万年「アメリ」オタク。
絵日記を描いたり、
ウェブデザインをしたり、
色々やってます。
エキセントリック

一番好きな映画:アメリ
苦手な映画:
リアルで暗すぎる映画、
動物が可哀想な映画
好みな映画:
フレンチ、ガーリー、不思議系

※当ブログで使用している映画の
写真以外のイラスト等の著作権は
全てはなぽにあります。
無断転載、二次加工、再配布は
固くお断りいたします。


   NEW ENTRY
  • 首吊り気球/伊藤潤二恐怖Collection(12/06)
  • プラダを着た悪魔(12/04)
  • SAW3(12/04)
  • DEATH NOTE the Last name [後編](12/04)
  • かもめ食堂(10/15)


  •    GENRE
  • ラブロマンス (24)
  • ホラー (26)
  • SF/ファンタジー (8)
  • アクション (9)
  • ドラマ (17)
  • サスペンス (14)
  • コメディ (5)
  • アニメ (6)


  •    PICK UP MOVIE
    プラダを着た悪魔
    [MOVIE]クリックで予告編閲覧 公式サイト






    公式サイト


       TRACKBACK
  • ゲーム情報局:スパルタンXとは(03/18)
  • 夜ざくら:交渉人真下正義(01/16)
  • 猫姫じゃ:電車男 今年の246本目(01/10)
  • Lie to Rye:ロング・エンゲージメント(01/10)
  • もんく-秘密の映画生活-日本を後に...:映画「Madagascar」(マダガスカル) -自由を楽しめる?(01/06)
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 | Trackback(-)

    ページ上部へ
    首吊り気球/伊藤潤二恐怖Collection
    首吊り気球/伊藤潤二恐怖Collection

    2000年/日本
    「悪魔の理論」、「屋根裏の長い髪」、「首吊り気球」のオムニバス。
    見た後にまた後悔しました。
    懲りもせず、伊藤潤二映画を借りた罰です…
    やっぱりこの人の漫画は実写にしてはいけないです。
    特に「首吊り気球」は酷過ぎる!
    こんな中途半端に作るんだったら最初からない方がいいのに…!
    ついつい、ジャケットと、「伊藤潤二原作」の文字を見ると手を伸ばしてしまうんです。
    もうこれで最後です。懲りました。
    これ観た後にすぐ原作の漫画でお口直し(?)しました。
    スポンサーサイト
    ページ上部へ
    神の左手 悪魔の右手
    神の左手 悪魔の右手

    2006年/日本
    楳図かずお作品の中でも特にグロイ漫画が原作です。
    この映画は、人間の心の闇を描いた「黒い絵本」が題材となっています。
    この話が一番グロイと思います。
    効果音も「グチャグチャバキバキ」と、とても賑やかです。
    この映画でケーキが苦手になってしまうかも…
    ダイエットには効果的!?
    (私には効果ありませんでした)
    ページ上部へ
    -less
    -less

    2003年/フランス・アメリカ
    かなりグロイのを期待していたのですが、
    暗闇が多くて暗くてなんだかよくわかりませんでした。
    でもストーリーは個人的には大好きです。
    日本の怖い話によくありそうな内容でした。
    ただ単にグロさで誤魔化しているホラーじゃないので結構楽しめました。
    壊れたお母さんが怖かった…
    そりゃあ、ああゆう状況になったら壊れるよね…
    ページ上部へ
    ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ
    ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

    2005年/アメリカ
    これって、てっきり心霊ものだと思っていたので、
    途中の展開にドキドキしました。
    でもなんとなーく、オチが読めてしまうような感じですが…
    やっぱり人間が一番怖いんですよね。
    いや、私が一番怖いのはゴ○ブリですが…
    因みに、こちらの公式サイトの「エミリー恐怖の館」で深層心理テストが出来ます。
    中々面白いです。
    私は「妄想系」でした。危険だ!
    ページ上部へ
    オーディション
    オーディション

    2000年/日本
    ホラー映画系のサイトをサーフィンしていて、どこでも「かなり怖い!」と書いてあったので観てみました。
    確かに怖いです!
    心霊的な怖さではなくて、人間の怖さ。
    その怖い人(椎名英姫)がまた美人なので余計に…
    観ていて痛さが伝わってくるような演出が多いので、そうゆうのが苦手な人は要注意です。
    (糸ノコで「キューキュー」言わせながら足首切断など…)
    椎名英姫って、顔や雰囲気が小西真奈美に似てると思った。
    リメイクするとしたら絶対に小西真奈美に演じてもらいたいです。
    ページ上部へ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。